--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/02(月) 11:34:39 [未分類]


これ見てたせいで まだ21話キャプってません<>

こんにちわ。CD買っちまいました例の狐です。
もうカラオケ行って歌えます。♪とびっきり!

ものすごく今更ですが
前回あんな妄想小説書いてしまったので
せめて「きつねのともだち」だけでもレビューしたいと思います。
まあストーリーやなんかは本家読んでください。あー楽。
ホント、日曜日に公演してくれて感謝でした。
土曜日はリアル事情で見に行けないので。



The 閑古鳥。

さすがショコラ公演ともなると、普段見かけなくなった
レアキャラにもお目にかかれます。


あんたもか

ショコラ公演では既におなじみとなった
CHログといっしょにお楽しみください。

きつねのこども=ねいのー
ちょっと違和感はあった。さすがにな。


アッー!
劇のさなか、儚く散ったクリオネ。
ドロップのゲルダとカードが痛々しいです。


一方、CHは既にDA☆MEだった。


死亡フラグ立てんな。
っていうか、これが後にえらいことに。


The ケモノの本能。
ハートウォーミングなストーリーが一転、ダークでスプラッタな猟奇モノに


この日のNo.2名台詞。
脚本家に無理やり言わされた感ありまくりですはぁはぁ


チビコラナ:泣けるで!


この日のNo.1名台詞。カタコトなのがさらにいい。
中の人さえ意識しなければ。
あと、フラグ立てたのあんただ


誰も何も言ってないのに、犯人はウッディ・・・で確定。

というかむしろ

この日は全編通して彼をいじりまくるのが
真の狙いだったんじゃないかとさえ。




これなんてバッドエンド?

というか、シャイなCH参加者の皆さんは

感動ゲージが上がるほど
ネタに走ってしまうのです。不器用ですまん。


感動のフィナーレと、同時に散り逝く儚い命。
( ;∀;) イイハナシダナー

この流れで 前回の小説が生まれたと言ったら
貴方は信じますか?



*** おま毛 ***

本当にものすごくどうでもいいことなんですが

リックおじさんトラップにかかりすぎだろ・・・常識的に考えて



後日談。
なんという家庭崩壊
スポンサーサイト

Comment


さりげなく登場回数が多くて全私が驚いた(

だめこんぼ いきたかった 

>>シ目月 さん
今度オープンで「俺の銃が火を噴くぜ!」
って言ってみればいいとおもうよ

>>くぉふと さん
やまに かえれ

あ、あれは・・・!
たまたま進行方向にクリオネが・・・・

・・・・・・めぅ。

いやでも それのおかげで
存在感アップでした。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。